ファンサイト開設についての思い

こんにちは。

昨シーズンからアースフレンズ東京Zに加入した久岡幸太郎です。

東京都世田谷区で生まれ、群馬県太田市で育ちました。運動神経の良い両親に似た姉がバスケットボールクラブに勧誘され、それをよく見に行っていたことがきっかけで小学校2年生の時にバスケットボールを始めました。

久岡幸太郎の経歴

ミニバスで6年次に関東大会優勝。

中学校は中学1年生の冬まで地元の中学校へ。

その後、姉の入っていた埼玉県のクラブチーム ガウチョーズに加入。

より高いレベルのバスケットを求め、埼玉県上尾市立大石中学校に転校。

3年次には全国大会で優勝。

高校は前橋育英高校に特待生として入学。

最高成績は全国大会ベスト8。

大学は中央大学にスポーツ推薦で入学。

最高成績は関東トーナメント準優勝。

プロの世界に入ってから約1年経ち、沢山の人の支えがあってコートでプレーできているということを学びました。

このサイトを開設した理由は、チーム関係者やスポンサー様、ファンの皆様など、僕を支えてくれているすべての人達と、より多くのコミュニケーションが取れる場を設けたいという思いがあるからです。

このサイトでは、今まで話してこなかった自分自身の経験や、バスケットを通じて学んだ考え方、試合や練習で感じた事、勉強している英語の事、日常の様子など、支えてくださっているすべての人に、沢山の情報をシェアし、自分のことをよりよく知ってもらうこと、そして、プロバスケットボール選手を目指す子ども達の何かの助けになれればと思っています。

久岡幸太郎の目指す場所

僕の今の夢は2つあります。

まず1つは、日本のトップレベルの選手になることです。

小さい頃からプロバスケットボール選手になることが夢でした。現在、僕はB2のチームに所属していますが、この先B1の舞台で活躍して日本を代表するポイントガードになる事が、本当の意味でのプロバスケットボール選手になったということだと考えています。

B1には、学生時代の同級生や先輩、後輩、対戦相手もたくさんいます。また彼らと同じ舞台でバスケットボールをしたいという想いが、常に自分のモチベーションを高めてくれています。

もう1つの夢は、小さい子の夢になる事です。僕みたいな選手になりたいな。僕みたいな人間になりたいな。小さい子たちが僕のことを見て、そんな風に思えるような選手になることです。

僕は今まで本当に恵まれた環境で生きてきました。

両親は僕のやりたいと言った事を応援してくれましたし、間違った事ならきちんと怒って正しい道に導いてくれました。

僕の周りにいた友人や大人はポジティブな人ばかりで、その環境が今の自分を形成してくれたと思っています。

そんな環境で育ってきたから、「一握りの人しかなれない職業だからすごいね」と言われることがありますが、正直そうは思いません。そこはバスケットボール選手になるためだけの環境ではなかったですし、もし違う環境にいたとしても自分はプロバスケットボール選手になれた自信があります。

中には、自分の夢を家族の問題やお金の問題、怪我や技術が伴わずに夢を諦めてしまう人が沢山いると思います。色々な理由で諦めてしまいそうな子ども達に、どんな状況でも諦めずに前を向いて突き進めば必ず夢が叶えられる。

どんな環境も考え方や捉え方を変えれば自分のためになる。もし万が一本当に夢を諦めなくてはいけない状況に立たされた時でも、また新しい自分を見つけ出し新しい夢に向かって突き進んでいける。そんな希望や勇気、夢を与えられるようなバスケットボール選手になりたいです。

最後に

現在、世界中で新型コロナウイルスの影響が出ています。

こんな時こそ普段の生活や当たり前のようにしていた事がどんなに幸せな事だったのかがわかります。

僕達もシーズンが中断している期間、皆様の前で試合ができる事がどれだけ幸せな事だったかを身に染みて感じました。

なかなか勝てずに悔しい思いをして、それでも会場で声援を送ってくださる皆様に沢山勇気をいただきました。

この事態が早く終息して皆様が平和で安心して暮らせる世の中になることを祈っています。そして、皆様の前でまたバスケットボールができる時の事を想像しながら、その時に勝って一緒に喜べるように練習に励んでいきます。